クラウドシートⅡ 特徴 

アジャイル開発で稼働までの早い対応ができます。

アジャイル
◆アジャイル開発とは、しくみ全体を決めてから開発するのではなく、
決まったところから開発することで、より効率的に効果を得るための
開発手法になります。



データ項目の追加や変更も自動で再編成されます。

DB編成
◆プロジェクト進めるうえでデータ項目を増す必要が発生しても、
エクセル画面を変更してデータベースを再編成すれば自動で追加できます。



エクセルを使ってフリーデザインするだけ
3ステップでデータベースとシステムに自動変換します。

製品2
◆まずはエクセルでデザインしてから、必要項目にデータ内容をセットして、
あとはサーバーが自動で変換してくれるので、簡単にアプリが完成します。




完成したものをクラウドサーバーに移せば、
会社でも自宅でも海外などどこでも利用できるようになります。

製品1
◆完成したアプリをオンプレサーバーで使っても、クラウドサーバーで使っても、
ビジネススタイルに合わせてどちらでも活用できます。



 クラウドシートⅡ あらゆる業務に対

アイディア次第であらゆる業務に対応できます。
パッケージソフト



 クラウドシートⅡ 考え方

短期間で開発や改訂ができるので、運用に力を入れることができます。

運用工程


アジャイル開発法なので改善しながら進められます。

開発手法